スポンサーリンク

焼きそば

焼きそばヘッダ ホットクック公式

一人暮らしで、ランチなど簡単に済ませたいときの定番メニューである「焼きそば」。
炒め物が苦手なホットクックではありますが、焼きそばは普通に美味しくできます(^^
フライパンだと、最初お湯(水)を入れて蒸し焼きにしますが、それがホットクック(無水)に適しているのでしょう。

また、1.0L版の特徴である、内鍋のフッ素樹脂コーティングの威力(=こびりつきなし)も確認できます。

材料:1人分

ひと口大に切った好みの野菜…150g
サラダ油…大さじ1
豚バラ薄切り肉(ひと口大に切る)…100g
焼きそば用蒸しめん(粉末ソース付き)…1玉

ホットクックでの作り方

1.まぜ技ユニットを本体にセットする。
2.内鍋に野菜を入れ、サラダ油を加えてからめる。豚肉を広げてのせ、麺をほぐしてのせる。
3.粉末ソースをまんべんなく振りかけて、本体にセットする。

焼きそば準備

4.液晶パネルを操作。メニューを選ぶ → カテゴリーで探す → めん類 → 焼きそば → 調理を開始する → スタート
5.加熱後、全体をよく混ぜ合わせて、約20分で完成♪

焼きそば完成

感想、そのほか雑記

焼きそば盛り付け

簡単でおいしいので、ついついリピートしてしまいます。
麺は袋ごと軽くチン(電子レンジ)しておくと、やはりほぐしやすいですね。
1.0L版は”混ぜ”が弱いので、終了数分前に位置停止して、箸などでよくかき混ぜると、出来上がりがよりよくなります。

フライパンでもお手軽ですが、ホットクックならさらにお手軽&失敗なし、です。
インスタントラーメンに例えるなら、袋麺がフライパンで、ホットクックがカップ麺でしょうか。違うか(笑)
まぁ、小学生でも問題なく作れそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました