“プレバト俳句”再視記(さいじき)

バラエティ番組「プレバト」の人気コーナー『俳句ランキング』を振り返り。芸能人たちの才能と、毒舌・夏井いつき先生の評価や、いかに!?

プレバト!!について

time 2017/01/01

TBS系列で毎週木曜日に放送されている毎日放送(MBS)製作のバラエティ番組。
“才能査定ランキング”と称して、芸能人・著名人がさまざまな分野での才能を競う企画を放送している

MC(コミッショナー):浜田雅功(ダウンタウン)
進行アシスタント:豊崎由里絵(毎日放送アナウンサー)
俳句担当先生:夏井いつき(俳人)

“プレバト”の意味は?
プレバトは、「プレッシャーバトル」の略。番組開始当初の番組タイトル『使える芸能人は誰だ!?プレッシャーバトル!!』に由来している。

俳句査定ランキングのルール

出演者全員に対して、同じ写真1枚を「兼題写真」としてあらかじめ提示。
その写真に映った光景を「お題」に一句詠んだうえで、番組に提出する。
提出した句については、夏井いつき先生が査定したうえで、

  •  70点以上で「才能アリ」
  •  69~40点で「凡人」
  •  39点以下で「才能ナシ」

と判定する。
スタジオ収録では、夏井先生が待機する別室からの中継を入れながら、作者に向けて彼女が添削・評価のポイントを解説する。(by Wikipedia)

兼題(けんだい)とは?
歌会・句会などで、前もって出された題で作るもの。また、その題。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link